ポプラ社から発売されました、
郁子匠(うべたくみ)さんの小説
『レーシング少女』
の表紙を描かせて頂きました。
『知られざる男女混合競技「ミニバイクレース」に賭ける、高校生レーサーたちの、熱い日々』と
いう宣伝もまぶしい、モータースポーツを舞台にした、さわやかな青春小説です。

で、今作がデビュー作となる、作者の郁子匠さんですが、
実は、僕の公式HP『空色トロイメン』の管理人を数年前からやってくれている人です。なんと。


さらにいえば、もうかれこれ10年近くの付き合いになる,元バイト仲間でして。
バイトをやめたあとも、ちょくちょく居酒屋で会う仲でした。
ある日,『実は最近、小説書いてるんだけど・・・』と聞いて、
まっっったく、小説家なキャラじゃないなーと思いつつ、
『へー、じゃー、作家デビュー
したら表紙描かせてよ。それまでイラストレーターでいれるようにがんばるわー、あはははは』
と調子に乗って言ったみたのが3年ほど前です。

そしたら、本当に作家レビューされました。
賞に入選し、本が出す事が決まり、本当に依頼してもらった時は、正直感動しました。
あんな、飲みでの一言が実現する日がくるなんて、人生何があるかわかりませんね。
こんな経験、なかなか出来るもんじゃありませんし、僕はつくづく、とことんついてます。
ここで運を使い果たしてるから、toto、当たらないのかな、ってわかってしまったのが残念ですが。

というわけで、僕の中では、奇跡のコラボ?な
『レーシング少女』、本屋さんで見かけたら、ぜひ!!!!


なんだか『友だちだからねゴリ押し!!』な記事になってしまいましたが、実際ゴリ押しです。
今日だけはいいですよね。



racing