試合前の味スタ。これぞレッズサポ。当然アウエー関係なし。 そしていつもにも増して赤い。 この時点では『なんか、とても勝ちそう』と悲願達成を疑わずだったのに・・。 サムイから言いたくないけど、敢えて言うならば、 『ガ、ガンバががんばった』・・・くそー。 ...

 だけどちょっとだけどちょっと僕だって怖いな。って、  今でも気づくとときたま歌ってます。  だからという訳ではありませんが、今月末に学研から発売された  あさのあつこさんの本、『ぼくらの心霊スポット』の文庫版の  表紙イラストを描かせて頂いてます。 ...

         実はネスタは、たれ耳がかわいいと評判のスコティッシュフォールド  という種類の猫なのだ。でも耳がこれでもか!といわんばかりに  ピンッと立ってるから誰も信じてく ...

「なんかこの辺りから最強のニオイがするぞ・・・」 猫よ。最強のニオイ、しても不思議はないぞ。 中村航さんの1年ぶりの新作、『絶対、最強の恋のうた』が10月27日に小学館から発売されます。 僕は最強ってものを思い知りました。スゴイです。 「この表 ...

結構長いこと更新してない状態が続くと、だんだん恐くなってくるなあ。なんとなく。 そんなことも言ってられないので昨日の夜中「よっしゃ、なにか書こう。」と思ったんだけど マウスの調子が悪い。スクロールがまったく効かないのだ。別にスクロールが効かなくても ブロ ...

スーパーで鈴虫が売ってたので、猫に見せると喜ぶかなあと思い買って見る。 案の定、はじめて見る鈴虫に大興奮の猫。 あまりに興奮しすぎて虫かごに体当たりを食らわし始め、ついには倒してしまった。エサの茄子やら、土やらが混ざりに混ざって慌てふためく鈴虫 ...

読書の秋ですね。 9月11日にあさのあつこさんの『The MANZAI 3』(ジャイブ刊)が発売されます。 今回も表紙イラストを描かせて頂きました。 また少し成長した彼らが読めます。 ...

うちのベランダにもカナブンが。 僕はキャベツの中に忍び込んでいた青虫には怯むけど、 カナブンは恐るるに足らず!なのでつまんで網戸にくっつけてやる。 すると猫まっしぐら。ダッシュでゴー。 ただ網戸越しが限界。下手に与えると即、食べます。 愛でる ...

一夜にして消えたメダカ。猫説、強風説、宇宙人説と色々な説があったけど、 結局スズメが食べちゃったんだろうということに落ち着いた。踊り食い。 ベランダで飼ってるメダカがスズメ等に食べられるってのは意外とあるらしい。 ちょっと考えればわかりそうなもんだけど、 ...

あわわ・・・!! ベランダのメダカ池のメダカが一匹もいない!!20数匹いたメダカが一晩の内にゼロ匹に。 そしてさらに怖いのは死骸がないことだ。影も形もない。一体なぜ????? 捜査は今も続いてます・・・・。 慌てふためきながら事件を伝える二人。 ( ...

が、貸してくれることは絶対にない。 それでこそ猫だ。 ...

やっぱり今日も暑かったのでガリガリ君(グレープ味。新発売?)をガリガリ。 くじは当たらず。 ...

僕はクーラーが少し苦手なので出来る限り付けないようにしているのだけど、 昨日はあ、あ、ああ暑い!!ぐわあーっ!!となりクーラーを付けた。 まあ付ければ付けたで実際、快適だ。でもなんかクーラーが効いてくるにつれ、 大抵、頭が痛くなってくる気がする。気がする ...

「この惑星の住民は物欲に支配されている。」とトミーリージョーンズが CMでつぶやくのを聞くとなんだかドキッとする。 確かに支配されていると言っても過言ではないなあ。一体いつからだろう。 机の上も物欲に実効支配されており非効率的。 集めると黒ばっかりな事に気 ...

昨日はゴーイングの河野くんのイベント「ダスト・トレイル」に行きました。 ゴーイング同様、ソロでも確実にパワーアップしてる。正直、「すごいだろ俺の友達。」と 図々しくも自分の事のように自慢したくなるほどです。マジで。 久しぶりに大好きなエガワさんのライブが ...

今日は雷がすごかった。あんな近くに落ちたのは久しぶり。電気がチカチカした。思わずヘソを隠した。 ベランダのトマトが育ってきている。もうすぐ赤くなるはず。が、近所のカラスが食べごろに なるのを狙ってくるのを間違いない。 ええい!!ハンガーに続いてトマトま ...

ベランダの紫蘇。 去年植えていたところから、勝手に今年も発芽し、 摘んでも摘んでも爆発的な成長を見せるフィジカルの強い奴。 おかげで毎日紫蘇がメニューに組み込まれております。 下葉取ったりとか億劫してやってないので、少し香りが弱い気がする。 時たま、しゃ ...

ゴーイングの武道館公演はほんっと素晴らしかった。最後の曲が終わった後も感動の余韻で"とにかくもう、学校や家には帰りたくない"と尾崎豊ばりに歌いながら武道館に居座りたくなる。そんな感じだったんだ。帰りましたけどね。 それはそうと明日(7月8日)の読売新聞夕 ...

ということは、僕らゴーイングはファンにとっては、「大きなたまねぎの下で」ということですね。 楽しみだ。 ...

↑このページのトップヘ